2011年03月

2011年03月27日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1296044556/ 
 
1 名前:依頼130@目薬とミミズクφ ★[] 投稿日:2011/01/26(水) 21:22:36 ID:??? 
   金星接近を記念してパチリ――。宇宙航空研究開発機構は26日、  
  世界初の宇宙ヨット「イカロス」(重さ310キロ・グラム)が、推進に使う  
  自分の「帆」の向こうに金星が浮かぶ光景を撮影した画像を公開した。  
   
   イカロスは、太陽光のわずかな圧力を帆に受けて加速する世界初の  
  宇宙ヨット。昨年5月、金星探査機「あかつき」と共に打ち上げられた。  
  しかし、あかつきは先月7日、噴射トラブルで金星の周回軌道に入るこ  
  とに失敗。1日遅れて金星に到着したイカロスは、金星から約8万キロ  
  メートルまで近づいて記念撮影を敢行した。  
   
   現時点で予定していた半年間の定常運用を終えたが、残った燃料で  
  来年3月末まで、宇宙のちりなどのデータを集める。イカロスは予定通  
  りに秒速100メートルの加速に成功、木星探査ヨットの開発に向け前  
  進する形になった。  
  (2011年1月26日19時49分 読売新聞)  
   
  ソース:http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110126-OYT1T00806.htm?from=y10  
  画像:イカロスが撮影した金星(右上)。手前は、薄膜状の「帆」  
  http://www.yomiuri.co.jp/photo/20110126-969594-1-N.jpg
 
  関連:Jaxa公式サイト「太陽の光を受けて航行する宇宙ヨット」  
  http://www.jaxa.jp/article/special/explore/mori01_j.html  
  画像:「イカロス」の1/40縮小模型  
  http://www.jaxa.jp/article/special/explore/img/mori_img01.jpg
 
 

天文】帆の向こうに金星、「宇宙ヨット」イカロスがツー・ショット[01/26]
06:17|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1301024570/ 
 
1 名前: ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 12:42:50.76 ID:??? 
  先日、客に頼まれて古い椅子を修理していた英国の男性は、作業中に、椅子の中から古い1枚の紙を  
  見つけた。そこにはフランス語で文章がつづられており、妻の友人に翻訳をしてもらったところ、  
  それは遠い昔のラブレターだと分かったそうだ。      
   
  英放送局BBCによると、この手紙を見つけたのはグロスタシャー州テュークスベリで家具店を営む  
  グラハム・シンプソンさん。彼のもとに先日、フランスで購入したという古い椅子の修理を依頼する  
  女性客が現れた。シンプルながらも立派な雰囲気を漂わせるその椅子は、フランス南部の村サン=  
  マルセル=シュル=オードにある、150年以上の歴史を持つ旧家で見つけたものだという。彼は依頼  
  を引き受けると、各部品を外して丁寧に修理を始めた。  
   
  すると、肘掛けの修理に取り掛かった際に、小さく折りたたんだ1枚の紙を発見。BBCで紹介され  
  ているその紙は茶色く変色しながらも、鉛筆で書かれた文字はしっかり読めるほど残されていた。  
  シンプソンさんは女性客に手紙の存在を知らせると、彼女は手紙に心当たりがないか、椅子を購入  
  した家の家族に手紙を送ったそう。一方、見つけたシンプソンさんは書かれているフランス語の意味  
  が分からず、その内容に「興味が湧いた」結果、Facebookに手紙の写真を掲載した。  
   
  それを見た妻ローラさんの友人であるフランス人が手紙を翻訳。書かれているフランス語は現在使わ  
  れている言葉とは異なっていたため、「約200年前に書かれたもの」と推測されるが、情熱的な  
  ラブレターであることがわかった。交際間もない間柄なのか、人の噂話に「心配しないで」と訴え、  
  自分の想いが相手だけに向いていると、表現豊かに言葉をつづっている。  
   
  会いたい気持ちは募るのに機会がなく誘えなかったと悲しみ、「自分たちを悩ませる」叔母の声が  
  手紙を書いている間も聞こえていると状況説明をする手紙の主。ひょっとすると、周囲の理解が得られ  
  ていない中で、密かに愛を育んでいた2人なのかもしれない。だからなのか、文章は相手を求める  
  気持ちがストレートに表れており、「明日は会いたい」「あなたが必要」「好きだ」と惜しげもなく  
  自分の気持ちをぶつけている。  
   
  思わぬ形で遥か昔のラブレターに出会ったシンプソンさんは、この手紙が「相手に届いていたと  
  思いたい」と話し、自分もその世界に触れられて嬉しそう。椅子は修理が終わればフランスにある  
  女性客の別荘に置かれることが決まっており、熱い想いが込められた椅子はこれからもフランスで  
  時を過ごすことになりそうだ。  
   
  ナリナリドットコム  
  http://www.narinari.com/Nd/20110315261.html  
 

【海外】椅子から出てきた200年前のラブレター、情熱的な気持ちをストレートに。
06:16|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年03月26日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1295856840/ 
 
1 名前:おっおにぎりがほしいんだなφ ★[] 投稿日:2011/01/24(月) 17:14:00 ID:??? 
  違う種類の動物たちが、ケンカすることなく仲良く親子のようにしている写真です。  
  意外な取り合わせからよくよく見ないと分からない程自然になじんでいる親子まで  
  さまざまですが、みんな家族のように振る舞っています。  
   
  リスとネコの親子からブタとトラの家族まで、違う種類の動物が仲良く暮らしている様子は  
  以下から。  
  Animals in the role of adoptive parents  
  http://woowei.com/animals-in-the-role-of-adoptive-parents  
   
   
  子猫をいとしそうなまなざしで見つめるゴリラ  
  http://gigazine.jp/img/2011/01/23/animals_adoptive_parents/10102.jpg
 
  ホワイトタイガーの子どもに授乳するゴールデンレトリバー  
  http://gigazine.jp/img/2011/01/23/animals_adoptive_parents/10012.jpg
 
  ブタの赤ちゃんを可愛がる犬の親御さん  
  http://gigazine.jp/img/2011/01/23/animals_adoptive_parents/10032.jpg
 
  寄り添うウリ坊と犬  
  http://gigazine.jp/img/2011/01/23/animals_adoptive_parents/10062.jpg
 
  見た目はそっくり、犬とシカという異色の取り合わせ  
  http://gigazine.jp/img/2011/01/23/animals_adoptive_parents/10081.jpg
 
  (一部省略)  
   
   
  ソース:gigazine  
  http://gigazine.net/news/20110123_animals_adoptive_parents/  
  ◇関連スレ  
  【どうぶつ/高知】いつも一緒、マルとミースケ 仲良し犬猫が評判 津野[10/12/22]  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1292991131/  
  【どうぶつ/長崎】イノシシと牛、餌おすそ分けで仲よく 雲仙  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1292124658/  
 

【仲良し】愛は種族をも超える…違う種類の動物の仲むつまじい写真いろいろ
11:40|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1301042832/ 
 
1 名前:特亜の呼び声φ ★[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 17:47:12.36 ID:??? 
   手紙を配達する猫「クースケ」が、福知山市大江町にいる。脚の指をけがして「助けて」と  
  言わんばかりに玄関先で鳴き続けていた猫を、倉橋さん(83)が昨春から家族の一員の  
  ようにして飼ってきた。昨夏、近くの工事事務所で働く女性が、道路上にいた人懐っこい  
  クースケと遊んだのをきっかけに、倉橋さん方と事務所間を毎日のように行き来する  
  ようになり、心の絆を結んでいる。  
   
   白黒2色の毛並みをした雄の猫で、倉橋さんが名付けた。  
   
   昨年5月、自宅前で鳴き声がやまず、玄関の戸を開けると、右後ろ脚が血で染まった  
  猫が倒れ込むようにしていた。「当時、周辺にアライグマが出没していました。指2本を  
  かみ取られたらしく、やせこけて、見るに堪えない状態でした」と振り返る。  
   
   動物病院で手当てを受け、自宅でも毎日、傷口の消毒や手当てを続け、やがて  
  元気を取り戻して歩けるようになった。  
   
   昨年7月のある日の夕方。便せんを折りたたんだ手紙を首輪に結んで帰ってきた。  
  「かわいい猫ですね。何という名前ですか」と記されていたが、差出人が分からず  
  「名前はクースケ。おばあさん2人で世話をしています」などと書いた手紙をつけて、  
  朝に外出させると、差出人に届き、交流が始まった。  
   
   自宅から50メートルほど離れた事務所に出入りしていることを確認したが、倉橋さんは  
  「みなさんとても忙しそうで、声はかけなかった」という。  
   
   それ以来、5回程度、手紙をやり取り。事務所の人たちからは「くうちゃんの甘え上手には  
  負けてしまいます」「ここにいてくれるだけで癒やされます」といったものや「お尻から  
  サナダムシと思われるものが出ています」と体調を気遣う文面も届いた。倉橋さんは手紙で  
  感謝の気持ちを伝え、お礼にとお菓子を背負わせたこともある。  
   
   今月上旬、倉橋さんと事務所の人たちが初対面。事務所の人たちが自費でキャットフードを  
  買って与えてくれたことも分かった。  
   
   倉橋さんは「殺伐とした世の中ですが、こんなに温かい気持ちを持つ人たちに見守られ、  
  クースケは幸せ。事務所は我が家と違って室温管理が行き届き、昼間は居着くように  
  なったのだと思います」と感謝していた。  
   
   クースケは、お座りや段ボール箱に入って眠ることもしつけられている。  
   
   事務所のパート、塩見さん(33)は「朝、事務所の戸を開けると、待ち兼ねたように室内に  
  入り、段ボール箱のなかでおとなしくしています。おなかをすかしたとき、私たちの足に体を  
  すり寄せて甘えてきます。とてもかわいく、事務所のアイドルになっています」と笑みを  
  浮かべる。  
   
   事務所は5、6月ごろに工事が終わり閉鎖される予定。倉橋さん、事務所の人たちともに  
  「交流が途絶えると思うと、寂しくなります。クースケもきっと同じ気持ちでしょう」と口を  
  そろえた。  
   
  http://www.ryoutan.co.jp/news/2011/03/0325kuauke.jpg
 
  写真=事務所に届けるお菓子をクースケに背負わせる倉橋さん(左)  
   
  ▲両丹日日新聞(2011/03/25)  
  http://www.ryoutan.co.jp/news/2011/03/25/003449.html  
 

【京都/どうぶつ】猫のクースケ手紙を運ぶ 飼い主宅と工事事務所を行き来[03/25]
11:39|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1301041810/ 
 
1 名前:特亜の呼び声φ ★[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 17:30:10.42 ID:??? 
   「おかえり、ハチ」。宮古市内で衰弱していたところを動物病院に保護されたシバイヌが  
  22日、飼い主に引き取られた。津波にのまれたが何とか生き延び、11日ぶりの再会。  
  家が流失してしまった家族に元気を与えている。  
   
   シバイヌは、宮古市の市職員岩田さん(53)の飼い犬ハチ(13歳、雄)。  
   
   自宅で岩田さんの母(83)と一緒にいたところ地震が発生。必死にハチを引っ張って  
  逃げたが、津波に追いつかれた。母親は近くの金網につかまって難を逃れたが、ハチは  
  首輪が抜けて波の中に見えなくなったという。  
   
   その後、岩田さんら家族はハチを捜し続けたが見つからなかった。しかし22日、  
  岩手日報でハチが動物病院に保護されたことを知り、すぐに引き取った。  
   
   岩田さんは「最近は体調を崩すことも増えていたので、半ば駄目かと思っていた。  
  本当に頑張ってくれた」と胸をなで下ろす。  
   
   再会を一番喜んだのは母親。岩田さんは親戚のつてで新たな借家に入居できたが、  
  日中に一人でいるとハチを思い出し、さみしさが募っていた。  
   
   母親は「もう最高の喜び。津波で財産が裸になっても、ハチがいてくれれば力が  
  湧いてくる」と、犬を強く抱きしめる。  
   
  http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201103/h1103238.jpg
 
  【写真=津波を乗り越え、再会を喜ぶ母親とハチ】  
   
  ▲岩手日報(2011/03/23)  
  http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201103/h1103238.html  
 

【岩手/どうぶつ】「おかえり、ハチ」 津波にのまれた愛犬と11日ぶりの再会[03/23]
11:38|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年03月25日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1298597347/ 
 
1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[] 投稿日:2011/02/25(金) 10:29:07.39 ID:??? 
  漫画家水木しげるさんの出身地である鳥取県境港市と同県米子市を結ぶJR境線で  
  25日、妖怪を描いた四つのイラスト列車(各1両)のうち、車内をリニューアルした  
  「ねずみ男列車」が運行を始めた。  
  車体の外側や車内の天井のイラストに加え、新たに座席の背もたれに、万歳したり  
  腕を組んだりした身長20センチのねずみ男計345体をプリント。  
  JR西日本米子支社は「妖怪づくしの列車の旅を楽しんでほしい」とPRしている。  
   
  ソースは  
  http://www.excite.co.jp/News/society_g/20110225/Kyodo_OT_MN2011022501000093.html  
  座席の背もたれに妖怪のねずみ男をプリントしたJR境線の「ねずみ男列車」=23日、鳥取県米子市  
  http://image.excite.co.jp/feed/news/Kyodo/PN2011022501000178.-.-.CI0003.jpg
 
  JR境線で妖怪の国へ…「米子市ホームページ」  
  http://www.yonago-city.jp/kankou/topics/kankou20051104.htm  
 

【鳥取】妖怪列車にねずみ男がいっぱい JR境線[11/02/25]
09:44|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1300949861/ 
 
1 名前:特亜の呼び声φ ★[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 15:57:41.90 ID:??? 
   
  http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/24/jpeg/G20110324000486840_view.jpg
 
  避難所となっている大沢小学校で、お年寄りの肩もみをする児童  
   
   「気持ちいいですか?」。小さな両手に力を込めて、一生懸命にお年寄りの手や肩を  
  もむ子供たち。約300人が避難生活を送る岩手県山田町の大沢小学校では、  
  児童10人ほどが「かたもみ隊」を結成、避難住民のマッサージをしている。  
   
   校舎内で休むお年寄りのもとに22日午後も、かたもみ隊の子供10人が出動した。  
  「もうちょっと強くしますか?」「体調はいいですか?」。温かい言葉と相まって、  
  お年寄りたちを和ませた。  
   
   「気持ちいい。温かいものが食べられるだけでもありがたいのに、こんなに  
  よくしてもらって…」。かたをもんでもらった佐々木さん(83)はぽろぽろと涙した。  
   
   かたもみ隊は、山田町職員の「子供にお年寄りの役に立ってほしい」との思いから  
  20日に結成され、日々活動している。  
   
   肩もみ隊の小学3年佐々木さん(9)は「お母さんに教えてもらった通りにやっています。  
  力の入れ方にこつがいります。おじいさん、おばあさんに喜んでほしいです」と話した。  
   
  ▲スポニチ/共同通信(2011/03/24 06:00)  
  小さな両手に力込め…避難児童が結成「かたもみ隊」  
  http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/24/kiji/K20110324000486850.html  
 

【岩手/東日本大震災】「気持ちいいですか?」 避難児童が「かたもみ隊」結成[03/24]
09:43|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1300945175/ 
 
1 名前:特亜の呼び声φ ★[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 14:39:35.65 ID:??? 
   津波で大きな被害を受けた大船渡市大船渡町のがれきの中から22日、  
  犬が救出された。首輪があることから飼い犬とみられ、11日の震災以降、  
  閉じ込められていた可能性が高いという。  
   
   同日の捜索活動終了直前の午後4時ごろ、重機でがれき撤去作業中に発見。  
  捕まえようとした自衛隊員2人にかみつくなど暴れたが、捕獲され、大船渡保健所が  
  保護した。  
   
   今回の震災で同保健所が保護したペットは初めて。空腹だったらしく市職員が  
  与えたおにぎりを3個食べた。  
   
   犬は茶色で体長約80センチ。雌とみられ、赤っぽい布製の首輪をしている。  
  震災のため、同保健所で通常より長めに保護する予定。  
   
  http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201103/h1103239.jpg
 
  【写真=がれきの中から救出された犬=22日午後5時30分ごろ、大船渡市大船渡町】  
   
  ▲岩手日報(2011/03/23)  
  http://www.iwate-np.co.jp/hisaichi/h201103/h1103239.html  
 

【岩手/どうぶつ】津波で大きな被害を受けた大船渡町 がれきの中から犬を救出[03/23]
09:41|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

2011年03月24日

 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1297728589/ 
 
1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[] 投稿日:2011/02/15(火) 09:09:49 ID:??? 
  バレンタインデーの14日、滋賀県彦根市役所で同市の人気キャラクター  
  「ひこにゃん」がファンから届いた200個のチョコレートやクッキーの山を  
  披露し、大事そうに手提げ袋に入れて喜びを表した。  
  送り主は全国29都道府県の老若男女。  
  今年はドイツに住む「海外」ファンも初めて名を連ねた。  
  プレゼントには「甘いもので疲れを癒やして」と人気者をねぎらう言葉や  
  「おかげで仕事や母の介護に力が出る」と感謝を伝えるメッセージが添えられていた。  
   
  ソースは  
  http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2011/02/14/hikonyan/  
  画像は  
  http://photo.sankei.jp.msn.com/~/media/highlight/2011/02/14/12Z20110214GZ0JPG0003640030.jpg?mh=635&mw=950  
  関連スレは  
  【滋賀】ひこにゃん、年賀状返事発送 1万1770通書き上げ 彦根市「体力限界…」[11/01/25]  
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1295933758/l50  
  など。  
 

【キャラクター】ひこにゃんにチョコの山 200個、海外からも[11/02/14]
14:22|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1297173845/ 
 
1 名前: ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★[sage] 投稿日:2011/02/08(火) 23:04:05 ID:??? 
  バレンタインデーを前に、高さ約28メートル、幅約166メートルの巨大な板チョコの看板が  
  8日、大阪府高槻市の明治製菓大阪工場にお目見えした。  
   
  同社の看板商品の一つ「ミルクチョコレート」をPRするため設置された。1月上旬から  
  全42個のピースを組み合わせ始め、この日午前、最後のピースがクレーンで  
  つり上げられて取り付けられた。  
   
  市販の板チョコ約38万枚分の大きさといい、同社は「世界最大のプラスチック製広告  
  看板」として、ギネス記録に申請している。  
  JR京都線の高槻―摂津富田駅間を走る電車内から見ることができる。  
   
  http://www.asahicom.jp/kansai/sumai/news/image/OSK201102080069.jpg
 
  完成した巨大チョコレートの看板。  
   
  朝日新聞  
  http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201102080054.html  
 

【大阪】38万枚分の巨大板チョコ看板がお目見え
14:22|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 
最新コメント
アクセスカウンター

    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: