【地震/宮城】暗闇の小校保健室で出産、被災女性ら連携


 
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1300670980/ 
 
1 名前: ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 10:29:40.22 ID:??? 
  東日本巨大地震の翌12日、避難所となった石巻市内の小学校で陣痛がきた女性を被災者たち  
  が手当てし、無事に男児が生まれた。  
   
  設備がない中、保健室を分娩室代わりに危機を乗り越えた。手当てした人たちは女性の名前すら  
  聞く余裕がなかったが、今、再会を夢見ている。  
   
  地震直後の11日夕。釜小学校に避難していた女性が陣痛を訴えた。ともに自宅が水没して  
  避難所にいた市内の看護師、阿部佐貴さん(25)と中川洋子さん(41)はサポートを決意。  
  さらに看護師の女性ら5人が加わった。  
   
  津波による浸水で病院への搬送は困難なため、女性を保健室へ。停電で校内は間もなく暗闇に  
  包まれた。医療設備はなく、保健室にある救急道具や裁縫道具など、使えそうな物をかき集めた。  
  赤ちゃんを保温するため、乳児が入る大きさの発泡スチロールの箱も用意し、保健室は即席の  
  分娩室となった。  
   
  「どうしよう…」。震災のショックと、出産予定より10日ほど早い陣痛に、女性は動揺して  
  いた。津波に自宅をのみこまれ落ち込む阿部さん、中川さんだったが、命の火を消すまいと、  
  懐中電灯を握り、女性の背中をさすり励まし続けた。みな地震におびえる中で必死に手当てを  
  続けたため、女性の名前は聞けなかった。  
   
  女性に寄り添ってから約9時間後の12日午前3時頃、男児が生まれた。別の女性が裁縫用の  
  糸とはさみで、へその緒を切断。産声が響くと校内に拍手が広がった。  
   
  阿部さんは「女性の安心した顔が忘れられない。それ以上の記憶はほとんどない」と振り返る。  
  その後、名前を聞かないまま、母子を救急隊に引き渡し、手助けした人たちも間もなく学校を  
  去った。  
   
  「被災地にともった小さな命に勇気づけられた。また会いたい」。阿部さんと中川さんは、  
  母子が被災から一歩を踏み出せたとき、再会して喜びを分かち合うことを願っている。  
  (丸山一樹)  
   
  (2011年3月21日09時54分 読売新聞)  
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110321-OYT1T00181.htm?from=top  
 

  
2 名前:やまとななしこ[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 10:47:42.14 ID:WjghVnH8 
  エロ発想をした俺はしんでいい  
 
4 名前:やまとななしこ[] 投稿日:2011/03/21(月) 10:53:05.95 ID:f62b3mF/ 
  >>2  
  議員じゃないから良いよw  
 
8 名前:やまとななしこ[] 投稿日:2011/03/21(月) 12:15:14.92 ID:4J3XGmxp 
  小校って何だよ  
 
9 名前:やまとななしこ[] 投稿日:2011/03/21(月) 12:19:56.04 ID:DGEgeWx+ 
  >>8  
  ばか、小学校って書いたら逮捕されちゃうだろ!  
 
14 名前:やまとななしこ[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 17:56:55.86 ID:YQmyRcKe 
  まんこただてみれた  
 
15 名前:やまとななしこ[] 投稿日:2011/03/21(月) 18:13:24.69 ID:lYy7+VA+ 
  >>14  
  お前原発行きな。  
 
16 名前:やまとななしこ[] 投稿日:2011/03/21(月) 18:25:00.18 ID:xzaH+Yom 
  見える  
  希望の青白い光が  
 
17 名前:やまとななしこ[] 投稿日:2011/03/21(月) 18:54:20.38 ID:XGIHixrL 
  >>16  
  節子、それ臨界や  
 



09:23|この記事のURLコメント(0)トラックバック(0)ほのぼのニュース+  このエントリーを含むはてなブックマーク 

トラックバックURL

コメントする

名前:
 
 
最新コメント
アクセスカウンター

    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: